ミノキシジルは、元々血圧降下剤として医療に活用されていたため、血圧が正常な人が使うと、髪の毛が増える以外に副作用として”顔のむくみ”が出ます。

ミノキシジル 副作用.jpg



ミノキシジルの副作用”むくみ”が起きるメカニズムとは



副作用が出ない人もいますが、かなり多くの確率でむくみが出る症例が確認されています。

ミノキシジルの副作用、むくみですが、なぜ起こるのか?

それは、血圧降下剤としてのミノキシジルの作用により、血中の血液濃度が下がるため、体はそれを補正するために血液濃度を上げようと、今度は血液の水分を血管の外側に排出します。

排出された水分が、血管周囲の細胞に吸収されるため、むくみが起きるというわけです。


むくみはリンパマッサージで簡単に解消できる



ミノキシジルの副作用によって起こるむくみは、通常のむくみと何ら変わりません。
つまり、あなたが朝起きたときに感じる、顔のむくみと同じです。

解消方法は、いわゆる、「小顔マッサージ」です。

「小顔マッサージ」はリンパの流れを良くし、むくみを解消してくれます。

ついでに小顔になれるという一石二鳥のマッサージ方法。

ロゲインを使用していると、どうしてもミノキシジルの副作用でむくみが起きる事も多いですが、あまり気にせずに小顔マッサージで乗り切りましょう。





 タグ